「七尾旅人 presents 歌の大事故 リトルメロディ ツアー」
広島公演レポは今回で最後。

大きな拍手で迎えられ、アンコールスタート!!
…が、登場位置が違うぞ!!

ステージから出入りしていたのに、この時は何と中央の通路!! 
「トイレに急ぎたかった」との弁はございましたが、誰もが
予想だにしない展開に客席はザワザワと。

しまったなぁ、通路に急遽置かれた折りたたみ椅子に座っていれば
人1人分近くを通ってたのか…少々後悔したのがこれ。

アンコールはかなりリラックスした状態で、MCも多め。
まぁ、客席を巻き込む巻き込む!! 

1番巻き込まれるのは小さな子どもとその親御さん。
最終的にはMVP的な女の子(ニコちゃんって言っていたか)と
お母さんがステージに上げられて曲を歌うという場面も。

ちなみに彼のライヴは子連れOK(キッズ枠があったりする位)。
ワーキャー言ったり、グズったりしても怒らないし
親御さんにも「申し訳なく思わなくていいよ」と言っている程!! 

今回はいいタイミングで喋ったり笑ったりする子が居て
(曲に「こわ~い!!」って言っていたのもこの子だった)、
そのたびにイジっては場内の笑いを誘うという感じ。

最終的には声をサンプリングしてしまって…まぁ
ほどほどにね…とは思いますが、それも彼流か。

アンコール曲は知らない曲がほとんど。
お蔵になった曲、今作りかけの曲、それぞれにエピソードあり。

一方で懐かしい曲やカヴァーもありましたね。
広島出身で大親友の1人だった、故レイ・ハラカミさんが
好きだったという『愛燦燦』も急遽演奏し、中には涙する方も。

そんな盛りだくさんなアンコールは何と1時間強!! 
完全にライヴが終わる頃には時刻は22:30、実に3時間を超える
「大事故」を目撃し、会場をあとにしました。

物販や出待ちは見送ったのですが、まぁ色んな物を貰って帰った感じ。
参戦して本当によかったです。

その後(いやその前からか)、私個人のツイートは旅人色に。
フォロワーさん、呆れているだろうな。

ともあれこれから暫くはライヴでもらったパワーで乗り切れそうだ。

おしまい。


<オマケ>

d29e01c5.jpg


ライヴ開始6時間前、他の荷物とともに届いた1st。
このタイミングかよ...とは思いますが、まぁいいでしょう。
このアルバムからは…何も演奏されていませんね。