昨日の「緊急地震速報」、最初鳴った時には物凄く緊張感が走った。
鳴るまでに揺れていなかったから、これから大きく揺れるんだろうな、
ここが揺れなくても近隣の府県で大きな揺れがあるかもな…と。

しかし蓋を開ければ震度1程度のものがあったのみで、
ノイズによる誤報だったとの発表が…やや拍子抜け。
「誤報は寝て待て」ってツイートで笑える位にね。

f3f4dfe0.png

↑ ※ 別に誤報を待っている訳ではございません。

さて、その情報が鳴った時の状況をお話しますと、
とある仕事場にてデスクワークをしておりました。

すると誰からかのケータイから緊迫感のある音が鳴り
私とそこで1番若い子が「緊急地震速報だ!!」と言ったのに対し、
若手とは言えない面々が「何それ?」って言っている始末。

残念ながらそういう位置づけみたいですよ。

で、ある程度ほとぼりがさめた所で、緊急地震速報というものを
説明したら、「あ、自分のパカパカ開く(2つ折りの)ケータイでも
来るんやぁ…」と、若干その機能に感動されている方もアリ。

そうですよ、対応機種であればスマフォじゃなくても来るんですよ。
某社のは非搭載が多いけどね、と私から釘刺しましたが^^

そういう話をする中ずっと、自分の中では1つ煮え切らないことが。
それは

勤務中にケータイをONにしている人がいる事

…別に禁止されてはいないんだけど、業務の内容上、
情報漏えい対策を厳し目にすべき筈なんだけどな.

さっきの「自分の…来るんやぁ」って仰った方は業務上
付ける必要がある方なのでどうこうないんだけど、
それ以外の方は業務上の着信がケータイに来る事は無いんでね。

速報が鳴ったケータイの持ち主も電源入れてたって事だもんな。
職務怠慢を疑われてもおかしくない…ぃゃ私は疑った!!

だから速報でありがたいと思う一方で、何で鳴る状況があるんだ!?
…って、面白くなく思った訳でございます。

ちなみに私のHACCAちゃんは、そこでの業務中は完全OFF。
休憩時間や退出時間の10分前に立ち上げるも、カバンに入れて
なおかつそれを引き出しに入れているから、手が届く事はほぼ無い。

必要のないケータイなら、勤務中の電源OFFは常識だと思うんだけどな。
自分、間違ってるんやろか!? 

ともあれ、何もなしで良かった今回の騒動。
気象庁さん、オオカミ少年と言われないよう、対応を宜しく頼みますよ。