ラジオ体操、侮れないね。
真剣にやると、これが結構くるんだわ。
新習慣として取り入れているところでございます。

しかし、あれだね。
学生時代、体育の授業で決まって「ラジオ体操」をするけどさぁ、
完璧にこなせる体育教師ってどれだけいるだろうか?

TVで解説付で見ていたら良く分かるけど、大ウソ指導している教師いるぞ!!
私が出会った教師はほぼ全滅じゃないかな。

例えば「ラジオ体操第二」の最初の跳躍から次の屈伸にかけて。

実はつま先立ちになる時に「かかと同士を付ける」のが最大のポイント。
かかとを付けるから体がグラつかないし、足もしっかり曲がるんだよね。
やってみて「なるほど~!!」って思ったよ。

ところがところが、今まで出会った教師たちは「足の曲げ伸ばし」と
「ひざの開き」ばかりガミガミ言って、かかとの事なんて言わないもんだから
体がグラついてるのに「足が曲がってるから合格」なんて
訳のわからない採点をしていたんだわ...言っておくが1人なんてもんじゃないぞ。

んでもって「足が曲がっていない」となれば居残り...イタすぎるね、本当。

あと、その際は「かかとを浮かせたら床(地面)にしっかり付ける」って
言ってた教師も複数いたけど、実際は床や地面についていませんから!! 
そういう動きだから効果を発揮する筋肉も違うんだよな。

他にも「手はしっかりグーに!!」って、TVで見たら猫の手並みの軽い握りだったり、
「腕を交差に」って言ってたのも全然交差なんてしていなかったり、
全体通してやってみて、デタラメばっかり教えやがって...って心底思ったよ。

残念ながら私も、その悪癖を抜く事から始めないといけないみたい。

・・・と言う実態から、次の事を提唱したいんだけど如何でしょうか?

 ・ 教員採用試験で「ラジオ体操」の実技試験導入
 ・ (いつまでやるか知らないけど)教員免許更新時に体育科ではラジオ体操実習 

勿論、きちんと出来る方には何て事のないものだと思いますが。
出来るのが当然な筈なんですけどね、哀しいかな...。

あと、生徒・児童・保護者の皆様、しっかり「テレビ体操」を見て
その動きを習得していれば、健康増進や体力・スタイル向上だけでなく、
担当の体育教師の資質を見抜くことも出来ますので是非お試しを...ってね。

私、元々「体育」が嫌いだったけど、この実態にいっそうの嫌悪感を抱いています。
うぅっ、今回はかなり鬼になって書いてもうた。