このブログは元々、2011年11月から2013年11月まで、
アメブロにてこっそり更新されていた、3rdブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな』 ← 今ここ。
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

一部、加筆修正などございますが、「あぁこんな感じね」と
それとなくご覧いただければ何よりです。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。
また、紹介したCDの発売日が記事より後のものもございます。

カテゴリ:名曲アルバム > 名画・名曲アワー

このPVね、ツッコミどころ満載。
1:30頃からは顕著でして、まぁでも逆に微笑ましいか。
で、この時期のELOは、前にも綴った通り、チェロとヴァイオリンをツアー時の
サポートメンバーに降格(と言うか事実上解雇)していて、唯一残った
ミック・カミンスキー(Violin)も他のPVを含めて見る限り、ギターや
キーボードなど、本職の楽器を持たせてもらえていない状況.

楽しそうだけど何か不穏な感じでしょ…まぁその通りなんですが。

しかし、この曲のギターとドラムの重厚感は好きだわ。
何となく奥田民生さん(←ELOの大ファンと公言)がやりたい曲を
聴いているような見ているような…という雰囲気に。



↑ 「なるニューパイアレットたち」…ってか「な」じゃないから、あの字は。

まぁでもPV全体からして自由だね、ホント。


"Out of the Blue"ほどでは無いんだけど…。
↓↓
タイム (完全生産限定盤)
エレクトリック・ライト・オーケストラ
Sony Music Direct
2007-02-21

 

前の記事で紹介した"Close to the Edge"(『危機』)も名盤だが、
その前作"Fragile"(『こわれもの』)も名盤。
その中で大ヒットとなったのが本日ご紹介の”Roundabout"。
10年以上前に聴いて、ずっと好きな曲の1つだ。

ちなみに、アニメファンの方なら、「あ、ジョジョだ!!」って言うだろうな。
テレビアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』のED曲にもなって、
それでYESを知ったという方も多いかもしれないなぁ。

あと、先月OAされたNHK-FMの番組で、栗コーダーカルテットがカヴァーしてた
…ジェスロ・タルと言い、「プログレ(ッシブ・ロック)」がテーマの番組とは言え、
選曲センスがツボすぎる…よぉやるわ。

で、本日の動画は1972年12月に収録されたもの。
スタジオテイクのクオリティをほぼ保っている所が凄すぎる。



↑ 全員の佇まいが不思議だ…ちなみに"Fragile"というタイトルは、
その当時のバンドの状態だった…との後述あり。

しかし、いつ聴いてもイイ!! うひゃ~っ!! 


原題は"Fragile"…誰だい、ELTって言ったのは!! 
↓↓
こわれもの
イエス
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-05-26

 

随分と昔に取り上げたYESの"Close to the Edge"(『危機』)。
何かの流れでこの動画に辿り着いた。



↑ ”Fragile", "Close to the Edge"という名盤に携わったキーボーディスト、
リック・ウェイクマンがピアノ独奏を繰り広げているではないですか!!

やー、これは鳥肌ものだ。

元は20分近くにもなる超大作なんですけど、
その3分の1の時間ながら、見事に聴かせてくれますわ。

YESってバンドもメンバーの入替わりが激しく、リック自身も入って出てを
何回やったか…ただ、「YESのキーボーディストと言えば?」と聞かれたら
真っ先に彼の名前が出るだろうと思う。

しかし最初の脱退の理由の1つが「食生活が合わなかった」とは…
彼以外、当時のメンバーは全員「菜食主義」だったのだとか。

何とも不思議な脱退・復帰劇である。


マストバイ…この緊迫感は何とも言えぬ。
↓↓
危機
イエス
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-05-26

 

ノリの良さが抜群によろし。
前作"Out of the Blue"("Mr. Blue Sky"や"Turn to Stone"収録)を
超えるヒットとなり、ELOをご存知でなくても「この曲知ってる!!」と
言える曲もいくつかあったりして。

あと、この辺りからか、ジェフ・リン(Vo. G.)がレイバンのサングラスを
常に着用するようになったのは…前作は外していることもあったよな。

そのサングラスが効果的に使われたPVがこちら。
若干、音飛びがあるんだが…変な編集よりかマシか。



↑ いくつになっても変わらない、年齢不詳な感じだよなぁ。

その後、チェロとヴァイオリンはサポートメンバーに降格(というか解雇)。
よりエレクトリックな方向へと進んでいく。

ただ、それが「衰退」への道になることは、この時予想出来ただろうか。


PVにも、そのコンセプトあり。
↓↓
ディスカバリー
E.L.O.
ソニー・ミュージックレコーズ
2001-07-18

 

このバンドを取り上げる時が来たか…って全然詳しくないのですが。
しかしインパクトは強すぎるよなぁ。
ジェスロ・タルは1968年から今なお活動を続けるバンド。
イアン・アンダーソン(Vo. Fl.)の独特な世界観が何ともまぁ。

しかし、バンドサウンドにフルートを持ち込んだり、
4分の5拍子といった変則リズムを取り入れたり、
そう簡単には真似が出来ないよなぁ。

フルートに関するエピソードも凄まじく、自分がスポットライトを浴びようと
楽器屋に行って「ヴァイオリンとフルート、どっちが簡単?」と尋ね
「フルート」と言われたから取り入れたと…その発想からして恐ろしや。

ジャンルとしてはブルースともプログレとも取れる訳だが、この曲に関して
言うならば、トラッドミュージックや牧歌的要素も強い。
ちなみに邦題は『魔女の約束』…そのまんまか。

まぁ聴いて頂こう…意外にも3分程度で収まっている。



↑ 何だね、このブッ飛んだ顔。

ちなみに先日、この曲を栗コーダーカルテットがカヴァーして、ラジオで披露。
メンバーの川口さんは、このバンドを聴いてフルートを始めたのだとか。
(普段は余り見せないが、X'masライヴではフルート吹いていらっしゃいます)

この曲をカヴァーしようって発想も、ある意味怖い ^^; 


意外にも「編集盤」での扱いなのね。
↓↓
Living in the Past
Jethro Tull
Capitol
1999-09-14

 

↑このページのトップヘ