このブログは元々、2011年11月から2013年11月まで、
アメブロにてこっそり更新されていた、3rdブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな』 ← 今ここ。
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

一部、加筆修正などございますが、「あぁこんな感じね」と
それとなくご覧いただければ何よりです。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。
また、紹介したCDの発売日が記事より後のものもございます。

カテゴリ: ピグライフ・タイルアート劇場

久々だな、このカテ。
まぁ色んな作品はどんどん登場しているんですけどね。

ではでは今回のテーマは「トピアリーで遊ぼう」。

そもそも「トピアリー」とは、低木などを刈りこんで作る造形物。
動物や幾何学模様などがよく登場して、ピグライフ上ではこれまで
馬やウサギなどのトピアリーが登場しましたね。

でも今回は「数字」のトピアリーに注目。
大体、年末年始で登場して"2012"、"2013"が作れる方も多いのでは。

確かにそのように配置するのも面白いのですが、
タイルアートなどと合わせると抱腹絶倒(?)な作品もできますよ。

それでは2012年4月に登場した、この作品をご覧頂きましょう。

90311278.png


↑ 題して「クイズダービー」…芝生の上に置かれた数字をよく見ると
…そうです、「倍率」になっているんですね。

この当時は"0・1・2"しかなかったので、かなり限界がありましたが、
今年から"3"が加わったので、もう1度作る機会があったら、
もっとそれらしくなるかもしれません。

…にしても、倍率1とか10って悲惨だな。

では続いて、2013年1月に登場した作品から


↑ 入口から奥に向かって走ると、1・2・3 と続き、
果てには立体の「だー!」…そう、アントニオ猪木さん気分を
味わう庭(!?)となっております。

「だー!」の部分については後日改めて解説いたしますが、
普通に1・2・3 と置かないのもポイントで、実際にカウントするときの
「間」を意識して並べてみた…だからこそ「だー!」が生きる作品。

これも反響が大きくて、「乾杯」のアクションと組み合わせて
記念撮影された方や、庭だけ猪木口調になった方、
肩にタオルを引っ掛けて来られる方など、とにかく楽しんで貰えた。

しかし写真でのセリフは、アントキの猪木さんのではなかろうか、と。

4d108fb0.png

↑やけに挑戦的だな。

如何でしょうか? 何てことのないトピアリーが見事に華となった。
ではでは次回もお楽しみに…そう遠くない所で登場させたいな。

大好評、ピグライフ上でのタイルアート解説企画。
今回のテーマは「固定概念を崩す(質感を変える)」。

ある物に対して付けられた名前がために、固定したイメージで
物事を考えがちになるケースは世の中にたくさんある。

ピグライフ上の庭の装飾も、それで固まってしまう事もあるようで。

例えば、この商品を見て皆さんはどう思いますか?

a7943535.png


↑ 「ウッドデッキ」と書かれたら、もうそれは木で出来ていて、
何か床材のように置くものだと考える方も多いでしょう。

でも、ここで名前を考えないようにすると、こんな面白い作品も出来る。
では昨年10月に公開した、こちらの作品から。

a8484f0f.png


↑ 部分的に浮かせながら積んで「墓地」を作りました。
ちょうどハロウィンの時期で、いっそう雰囲気が出たように思います。

この墓碑の材料が先ほどの「ウッドデッキタイル」・・・もはや
床材ではありませんし、ともすれば「石」に見えて来ませんか? 

こういう風に枠にとらわれない使い方が、タイルアートを
楽しくする1つの要素なのです。

ではでは、次の商品を見てみましょう。

d590e500.png


↑ 「川タイル」と聞けば「川を作るもの」と考えてしまうでしょう。
中には池や海などのように仕立てる方もあるでしょうが、
先ほどのウッドデッキタイルと合わせて、こんな物は如何でしょう?

では昨年末から今年の初めにかけて公開した作品から。


↑ 下側中央にあるのがそれ。

神社には鳥居と参拝用の台などがあり、そして手を洗う台も付き物。
それを川タイルとウッドデッキタイルで作ってみました。
(ちなみに参拝台もウッドデッキタイル)

川タイルを縁取る緑が「苔」に見えてくる瞬間。

最後にこの商品は如何でしょう?

657bfd84.png


↑ 冬季限定の雪タイル。
地面に雪を積もらせるのにお使いの方も多いでしょう。

実は私、当初「雲」として使っていましたが、
今はこのオブジェを作るのに大いに役立っている。

では昨年12月に公開した作品から。

c4fc57e2.png


↑ この時はXmas…そこでケーキ風のオブジェを作りました。
もうお分かりでしょう、雪タイルが見事「ホイップクリーム」に変身!! 
また真ん中に置いたタイルがベリー系のソース(ジュレ?)にも見えてくる。

如何でしょうか? 固定概念を取り払うと作品に幅が出てきますね。
ではでは、次回のこのカテもお楽しみに~。

それは2月のある日。
何となく思い立って作った作品が事の発端。

8a26995a.png


↑ 眉ナシ、完成度低めだが、ゆるキャラ界のトップスター
「くまモン」を作り、個人のTwitterでも紹介してみた。

その際、「いつか『クラゲふにゃ』で(タイルアートを)作ってみたい。
『ふにゃもらけ』は大きな丸を作り出すのが難しいんだよなぁ」と
綴った…実際、やってみようって構想はあった。

9bd1225e.png

      (スマフォ向けゲーム「コレキャラ」の実際の画面より) 

↑ 「クラゲふにゃ」とはこのキャラ。
タイルアートにするには難易度は高めだが、インパクトは十分。

ちなみに「ふにゃもらけ」は画面の上、ソファーの前に立つキャラ。
mixiをやっている方や、ゆるキャラグランプリに投票された方はご存知でしょう。

すると、このツイートが即座にリツイート(以下: RT)されていった。
最初にRTしたのは何故か「ふにゃもらけ」…難しい言うてるのに。

その後、ふにゃもらけファンの方や、作者の塚本なごみさんにもRTされ
…当人、嬉しい悲鳴...ど、どうしませう。

それがクラゲふにゃの目に届き、「ぜひボクを作ってほしいね」と返信あり。
おぉ、史上初、御本人からの「オファー」が来ちゃいました。

こちらも「ダンディズム溢れる感じ(?)を上手く表現できるよう頑張る」と快諾。
「楽しみにしているよ。フフフ…」と返って来て商談成立(!?)。

しかし話が進んだ所で、すぐに出来る代物ではなかった。
「目はどう表現する?」 「足はどうやったら3本あるように見える?」
そして何より「輪郭の斜線部分をいかに自然に作る!?」 …あれこれ考えてみた。

00848b07.png


↑ その間、こんな感じに花を植えてみたりしながら。

で、行き着いた結論。

 ・ 3本足が分かるよう、立体で作る
 ・ 目は丸にこだわらない
 ・ ダンディズム(ともすれば紳士的要素)溢れるハットをかぶせる

ちなみに2番目の要素は

64fe8292.png


↑ 間に挟んだ「もんじゅ君」がヒントに。
これについても、もんじゅ君本人やファンの方のRTが凄かった!! ありがたし。

ではではいよいよ制作…以前も綴った通り、事前の作図はナシ。
クラゲふにゃのTwitterアイコンがすぐに見える状態にはしていたけど。

まずは簡単に平面で作り、後に高さを調節。
1時間ちょっとで仕上げたのがコチラ。


↑ どうしても輪郭が崩れるんだよなぁ。
ただ、ハットのお陰で最小限には抑えられたかな。

足は真ん中の1本だけを高くする事で3本と分かりやすく。
それに伴って頭とハットはそれに見合った高さに設定。
ハットも、つばの部分は高さを違えている。

完成報告はまず、クラゲふにゃ本人宛に1つ。
時間を置いて全体向けのツイートを1つ。

すると、それぞれがRTされファボられ…おぉ、通知の数が凄いや!! 
1番にRTしたのは…お、クラゲふにゃじゃないの!! 

その際「ハットをかぶせて、ボクの紳士らしさを際立たせて
くれたのには感心だよ」と、強気な(?)賛辞も頂戴しました。
ほっ、取り敢えず、御本人の感想(了承?)も得られてよかったよかった。

こうして無事に作業完了。

たまたま「ゆるキャラ」が重なったけど、創作意欲は結構強いなぁ。
そしてどんどん離れていく「イベントクエスト」…こういう庭も悪くないっしょ。

NO NUKES 2013、本日(10日)は2日目。


↑ という訳…じゃないですだが、昨日のステージに登場した
「もんじゅ君」をタイルアートで作ってみましただよ。

形や色の限界で、これがせいぜい…といったところですだね。
(早くもこのページで昨日の写真がUPされていますだよ)

一応、本人(ん? 本炉!?)にも確認は取っていますだよ。
もんじゅ君、ありがとまんぼ。

b7b15fb1.png


↑ 空いた所に"NO NUKES"のレタリング、これもタイルで作成。
年末年始の数字トピアリーも大いに役立っていますだよ。

7aa1b1e6.png


↑ あと最近、植えている作物は黄色と黒中心。
以前も綴った通り、反原発を表す色。

私はスルーしているけど、今回のイベクエに参加していたら
黄色はミモザでクリアできますだね。

カメラが見事に見切れるのは残念ですだよ。

そんな訳で、明日で震災から2年。
原発をはじめとする様々な問題が解決されることを願っていますだよ。

全編「もんじゅ君口調」は難しいですだね。

大好評、ピグライフ上でのタイルアート解説。
今回のテーマは「積む(平面から立体へ)」。

タイルと聞くと、どうしても地面または空中に描く
平面を思い浮かべがち。
しかし重ねられる特性を活かせば、次のような作品も作れます。

それでは昨年3月に公開した、このアートをご覧頂きましょう。

bfa7ecfc.png


↑ タイルを積んだ上に池を配置した物…またの名を「足湯」。

色々な花を周囲に植えていましたが、この時は
東日本大震災の鎮魂と、反原発を願って黄色のパンジーにしています。
(黄色と黒は「反原発」の色、ご賛同される方は是非植えてみませんか?)

普通に何もない地面に池を置けば、それこそ「池」でしかありません。
しかし、ベンチと同じ高さまでタイルを積むと、足湯のような
ほっこりくつろげるスペースが生まれます。

見栄えのするオブジェであると同時に、時間を忘れて
おしゃべりを楽しむスペースにもなりました。

今回はもう1つ、作品をご覧頂きましょう。

de611b65.png


↑ 表彰台...段を違えて配置し、本物そっくり(!?)に仕上がりました。
複雑な形ですが、やっているのはただ単純に積む事だけ。
どなたでも出来る技だと確信しています。

この「積む」という技は「浮かせる」技同様に多く使っています。
中には「浮かせて積む」という合わせ技をかますことも。

皆さんも是非是非お試し下さいませ。
また次回もお楽しみに~。

↑このページのトップヘ