このブログは元々、2011年11月から2013年11月まで、
アメブロにてこっそり更新されていた、3rdブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな』 ← 今ここ。
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

一部、加筆修正などございますが、「あぁこんな感じね」と
それとなくご覧いただければ何よりです。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。
また、紹介したCDの発売日が記事より後のものもございます。

カテゴリ: ピグライフ・タイルアート劇場

うー、久々の更新ですな。
取り敢えず生きてます、どうにかこうにか…。

ではでは、今回のテーマは「作図をするか、しないか」

たまに「あの(タイル)アートは下絵を描いたり、作図したりするの?」と
聞かれますが、私は大抵しない方。

描きたいもののイメージを頭に浮かべて事実上「即興」で組む。
色や大きさなども組んでみて初めて決まることもあれば、
空間が寂しいから…と、そこから更なるアドリブも見せたりも。

タイルアートが即興である一方、「必ず作図をする」というアートもある。
それは作物を使ったアート。

では今年のヴァレンタインに合わせて作ったアートをご覧頂きましょう。

f469673f.png


↑ カメラの限界で、全体を写そうにも、これまでか…。
この時は6×6の花壇に、L O V E の文字をそれぞれ入れてみた。

892466c0.png


↑ L はシャクヤク(白・淡桃)で。

a8bac466.png


↑ O はガーベラ(桃)とマーガレット(黄色)。

a09634f2.png


↑ V はパンジー(黄色)とベゴニア(赤)で。

5815e3a6.png


↑ E はユリ(桃・白)。

どうしても作物は「植えてみないと分からない」という面があり、
その事前演習的なものとして作図をする。

PCで作業中はWordの表機能を使ったりして色とバランスを確認。
ない時は紙にマス目を描いて、色々と塗りつぶしながらイメージング。

あとは花の高さや花自体が持つイメージや見た目(丸っこい、華奢など)を
頭に浮かべて、実際にアートを完成させたい時間から逆算して植え付け。

今回はシャクヤクとユリが入ったので、3日前からの準備となりました。
あと、今回のカラーリングには意外な秘密もあるのですが
…まぁこれは皆さんに推理していただきましょうかね。

で、L O V E のレタリングが完成したものの、空間が思いの外残ったので

5d166f3e.png


↑ タイルアートをオマケで…こちらは即興。
と言っても、これは過去にも作っていて、制作に5分とかからなかった。

78430b89.png


↑ 違うパターンと並べて置けば、カップルのような…。


如何でしたでしょうか?

バランスを見たりイメージに近づけるために行う「作図」。
するかしないかは皆様次第ですが、思い通り、ぃゃ、思った以上の
仕上がりになるとアートが一層楽しくなりますよ。

ちなみにアートに心血を注ぐようになると、イベクエへの参加度は
著しく低下する事は間違いないかと思われます。

前回、意外と好評だった「ピグライフ」上でのタイルアート解説。

今回のテーマは「浮かせる」。

地上の空間を確保するため空中に床をつくったり物を置いたり
されている方も多いでしょう。

c26a1718.png


↑ これは昨年3月、誕生日記念に作ったもの。

キューブや台座などを使って上空に浮かせる技で、
こんな感じにも作れるのです。
(ちなみに赤い三角の下に私の分身ピグがいらっしゃいます)

私も以前はこんな感じで高く高く浮かせる事をしていたのですが
最近の「浮かせる」技はこんな感じで多用しています。

↓ では、昨年11月に登場した「ギター(ギタレレ)」をご覧頂きましょう。

8e70c2e1.png


「え? どこも浮いていないじゃない」とお思いの方もあるでしょう。
これでもちゃんと浮いているんですよ、ボディの所は!!

このアートは、ボディはタイル、ネックはレンガ、ヘッドは石で作成。
言うまでもなくタイルとレンガには高さの違いがありますよね。

その差(段差と言ってもいいでしょう)を減らすために
ボディをタイル1枚分、浮かせているのです。

それによって不自然な段差は解消、運良くレンガと石の高さが
ほぼ同じだったので、見ていて違和感のない楽器が完成しました。
並行して作った鍵盤と並べれば雰囲気も一層高まるでしょう。

「高く高く」もいいですが、こういった微調整的な「わずかに」浮かせる技を
最近ではよく使っています。

この解説を見て「よし、私もギターを作るぞ!!」って思われる方は
そんなにはいらっしゃらないとは思いますが、タイルアートを作って
「何かしっくり来ないな」と思った時に、今回の「浮かせる」技を使えば
上手くいく事もありますので、参考にして頂けると嬉しいです。

ではでは、また機を見て新たな解説も行いますだ~!!

以前からピグライフ(庭)上で、色々な仕掛けを作っているのですが、
昨年末からは実験的な物が増えている。

その中で今回は昨日まで公開していた「福笑い」をご紹介しましょう。
…って「設定:フランス」な空間で純和風を持ち込むとはな。

0a1bbf1f.png


↑ 最初に登場した状態がこちら。

おそらくは「おかめ」だろう輪郭と、顔のパーツになりそうな
タイルと石を置いて、これからどんな形になるかを見てもらう、というもの。

通常、タイルアートをはじめ、装飾の類って「完成形」を見せるもの。
その発想を崩したのが、この作品という訳です。

私は製作途中も開放しているのですが、人によっては
庭を閉鎖して準備にかかる方もあるようですね。

顔のパーツも敢えてバラバラに置くことで色々な想像が
出来たりしてね…で、どんな事になるか、と言いますと

7569e621.png


↑ 本当に目隠しをして置いた感じの顔が出来たり、

17caadf4.png


↑ 女性だと思われる「おかめ」が見事なおっさんになったり…。

福笑いの近くに雪だるまやかかしなどを置くことで
「この作品は雪だるま(かかし)が作った」などという見せ方もできる。

同じ顔のパーツでも、配置や組み合わせを変えて、ここまでの違いが!! 
最初に完成形を示さないというのが功を奏す作品でしょうね。

31258b0f.png

↑ 「おかめ」らしい顔って、たぶんこうだよな…。
これでさえ正解かどうか分からないけど。

改めて解説を加えてみると面白いな。

…という訳で、これから当ブログ上で、庭や島の装飾、
また、部屋を含めてのファッションについても
解説・分析する企画をやってみようかと思います。

何かしらの参考になれば良いですが。

昨日に引き続き、「2012年 ピグライフ・タイルアート総集編」
その下半期編をお送りいたします。

…あ、7月の写真がないぞ!!
確か、苺と唐辛子の見分けができるようになる訓練アートを作ったんだ。
ついでにパプリカ、トマトなどもね。

8月はちゃんとあるよ、夏のひんやりスイーツだったな。


14ed7749.png


↑ 水ようかんもある、マニアックやなぁ。

7af8bfe5.png


↑ ソーダバーを作ったら食べられてもうた。
そこで「あたり」ならぬ、奇跡の「あたま」を引く展開。

あと、写真にはないけど、単発でお盆のお供えってのも作った。
足を付けたナスやキュウリ、そしてオバケも。

9月は珍しく殆どアートなし。

ac15854f.png


↑ 月末、最後の最後で登場したのが「月見団子とウサギ」。
これもかなり評価が高かったなぁ。


↑ 10月の殆どを占めたのが、予想通りのハロウィン。
但しいつもの可愛さは鳴りを潜め「怖さ」を重視した作品に。
これは柏餅以来の、リクエストにお応えしてのものでしたね。


↑ 奇遇にもブラックリリークエがキャンドル作りだったので
立派な墓地までも完成、お盆のオバケも復刻したのであります。


↑ 11月は「音楽」がテーマ。

10月末に「アンデス25F」を買ったので鍵盤を、
11月下旬には七尾旅人ライブ参戦とあって、ギター(ギタレレ)を
タイルアートにしたのでございます。

うん、実に個人的だな。

2f9f3226.png


↑ 12月はX'mas、今回は敢えて白一色を基調に。

サンタやブーツ、プレゼントなどを散らばせ、彩りは作物で表現。
右で見切れているのは1段のホールケーキ型お立ち台。
これまた記念撮影率が高かったと見られます。


こんな感じで2012年のタイルアートが展開されました。
2013年も面白おかしいものが作れそうな予感もしつつ…。

マナーの悪い訪問者(いや侵入者といえよう)がために
全体公開出来ない所が悔やまれもしますな。

本日と明日は「2012年 ピグライフ・タイルアート総集編」と題し、
本年中に公開した傑作・人気作を中心に振り返っていきます。

本日は上半期編。

9598abef.png


↑まず新年はタイルによる2012と、作物による4946でスタート。
一応、トマトとコットン(綿花)で紅白を表したりなんぞ。

9027ad3a.png


↑ 2月はヴァレンタインデー、数多くの花を散りばめたデザインに。
中でも人気だったのが、実は宙に浮いているこちらの花。

ここでの「宙に浮いている」技法は後々のアートにも
意外なトリックとして多用しております。

c4a2d369.png


↑ 3月は何と怒涛のアート3本立て!!
一発目を飾ったのが、東日本大震災から1年を迎えてのこの作品。
反原発を表す黄色の花を軸に、一致団結を押し出したものに。

d199e65f.png


↑ 二発目がホワイトデー、ヴァレンタインデーの続編的な感じで
作ったのでデザインもその当時のに近い。

4e4dbb49.png


↑ そして3月最後を飾ったのが、私個人の「勝手に誕生日会」と
題して、2段重ねのケーキなどが登場。

このケーキは記念撮影も多かったし、お立ち台として
ぐるぐる飛び回った方も多かった。
うん、それでよかよか。

16bb633c.png


↑ 4月は前半にミッキーマウスのシルエット風タイルアートが登場。
あいにく写真に収めていませんが、かなり好評でした。

その後を受けて登場したのが「ゴン太くん」。
クエの報酬がチューリップハットと言う事で登場したアートで。
ハットをGETして記念撮影しよう企画も多くの方にご参加頂きました。

df819d9a.png


↑ 実はご訪問頂いた方の中で1・2を争う人気となったのが、
5月に登場した「鯉のぼり」。
「屋根より硬い 鯉のぼり」ここにあり、といったところでしょうか。

そして、リクエストにお答えして紅白の柏餅も。

b95594be.png


↑ 直後に登場したのが「お弁当の中身」…ちょうど
クローバークエで、ピクニックがテーマだったもので。

おむすび、タコウインナー、唐揚げ、ハム巻きキュウリ、
厚焼き玉子、苺という、幼少期の理想の弁当を再現。
実は唐揚げ、タイルの貼り方を工夫して立体に仕上げています。

179a28ee.png


↑ その次のクエがブルーベリー…クローバー、ブルーベリーと来たら
ホットケーキ…あ、何かしらのスイッチではないので。
ホットケーキと言ったら、ほら、ジャムでしょ。

4eabd408.png


↑ 梅雨時期に入って登場したのがカタツムリ。
最近では見かける事もないもんなぁ。

あ、これ、6月後半だねぇ…前半、何やったけな?
何もやってなかったか!?

上半期もこうして見たら何やかんや作ってんなぁ。
でも下半期も結構なもんを作ってまっせ。

ではでは続きはNext、またAgainだっ!!

↑このページのトップヘ