このブログは元々、2011年11月から2013年11月まで、
アメブロにてこっそり更新されていた、3rdブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな』 ← 今ここ。
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

一部、加筆修正などございますが、「あぁこんな感じね」と
それとなくご覧いただければ何よりです。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。
また、紹介したCDの発売日が記事より後のものもございます。

カテゴリ: ピグライフ・タイルアート劇場

昨日の続き。

ピグライフ上で勝手に展開中の「限定アート」。
復興祈願のアートの後は

37e0331a.png


↑ ホワイトデー・・・何だか軽薄な気もしなくはないですが。

ヴァレンタインアートの続編という事で構成はその時のに沿って。
大ががりな細工は今回はせず、単純に空気感だけで勝負。


↑ こんなのもあったりして。

c899d261.png


↑ 程なくして最高傑作と呼び声が高い(?)ケーキ登場!! 
実はこの時、私の誕生日でございまして、誕生日会の設定にて。

a116bf7c.png


↑ みんなでお祝いだ^^

c74f7225.png


↑ 頭上ではこんな事に!!
この後、多くの方からお祝いをいただき恐縮っす。

cb479d54.png


↑ この言葉に尽きる。

a5c264d5.png


↑ 4月は回数を減らして・・・と思ったものの、そうもならず。
まず、写真に収め忘れましたが、ミッキーマウスのシルエットで
タイルアートをやって、その後に登場したのがこれ。

クエの商品が「チューリップハット」ってだけで、ゴン太くん。

商品ゲットしたら、ノッポさんになり切って記念撮影・・・と
呼びかけたところ、実際に多くの方に楽しまれたかと思います。
私はチューリップハットもらってないけど、製作者特権で1枚。

12664139.png


↑ ゴン太くんが去った後、登場したのは鯉のぼり。
屋根よりたかい、いや、かたい鯉のぼり。
その後、来られる方々からのリクエストにお応えして


↑ 何と紅白の柏餅オブジェが登場!!
私の庭には時々「お立ち台」が登場しまして、そこでグルグル飛び回る
...という遊びも秘かに定番となっています。

「粒あん」という設定でしたが、実は紅の方は
「味噌あん」という話も聞き、それはそれでビックリ。

それより「兜」のリクエストがないっていうのも面白かったりして。

で、現在は・・・と言いますと、これがまた何で?って作品でもあるのです。
ここ最近は若干の「悪ノリ」もあるんだな。


前から何度か出ているように「ピグライフ」上に庭がある。
但し、どう考えても普通じゃない庭。

昨年10月から始めて、2ヶ月ほどは「庭(庭園・農園)」だったな。
「クエスト」のクリアを目指して、偏った植え方してたもんだ。

それがいつしか「公園」になり、今では「学校(学園)」になってしまった。
クエへのこだわりはなくなり、すっかり異次元を作っているとかいないとか。

その要因が通称「限定アート」。

タイルが中心だけど、期間限定でアート(?)が登場するので、
それを楽しみにされている方も多いとか多くないとか。

ではでは、せっかくなので、その歴史を見ていきましょうかね。
(今回は「前編」という事で)


↑ 最初は12月(X'mas)で、ベゴニアブーツを作ったんだよな。

履き口はキャベツ、ワンポイントとしてカボチャで木の刺繍を再現。
咲く手前の写真しかなくてアレですが、今思えば
50以上のベゴニアを植えた事自体凄いや。

今進行中のクローバークエでも1度に植えたの最大23 。

188381e9.png


↑ 2011年の正に年末にやったのがこれ。
これが年をまたぐと


↑ こんな感じになりました・・・タイルで2012、作物で4946。


↑ ヴァレンタインには、色んな形の花を散らばせたんだよな。
ちなみにこの花だけは若干宙に浮いている。

1日限定のつもりが、取り壊し反対の声で1週間近く公開延長。
嬉しい悲鳴でもありました。

4bc86fab.png


↑ ラヴラヴな世界を出すために、こんな細工も。

b6cbec0f.png


↑ 東日本大震災から1年のアート。
みんな一緒だよってメッセージで集合写真風に。


↑ "ONE HEART (こころをひとつに)”のメッセージ、
そして反原発を表す黄色、花言葉が「希望」のガーベラを
軸に飾ったんだよなぁ。


↑ 後に大反響の「顔」も、この時初登場だったな。

あー、こうやって見たら、下手ながらも色んな手法を使ってるな。
このあとも何だかんだで色々と作っているので、
次回「後編」としてご紹介いたしましょう。


↑このページのトップヘ