このブログは元々、2011年11月から2013年11月まで、
アメブロにてこっそり更新されていた、3rdブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな』 ← 今ここ。
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

一部、加筆修正などございますが、「あぁこんな感じね」と
それとなくご覧いただければ何よりです。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。
また、紹介したCDの発売日が記事より後のものもございます。

カテゴリ: ガリバー痛旅行記

大雨の中、新しいキャリーバッグを転がしながら
バスターミナルまで出向いて、4時間揺られて三宮へ。

中華街や「さんちか」などでお買い物をしてホテルへ。

メインイベントの資格講習も道中のエスカレーターで
度肝を抜かれつつ楽しむが如く学び進め、
快適過ぎるJR神戸線にゆられながら地元の劣悪っぷりを痛感。

まぁ色々あった旅(それも1人旅)だったが、やりたい事は大体できたし
特に大きな事故もなく大成功だったなぁ。

唯一大きく悔やまれるのが天気で、結局、太陽を見たのは
最終日の朝、三宮のバスターミナルに向かった時だけ。

ずっと傘が手放せず、それでスムーズに歩けなかった時もあったなぁ。
資格講習で行ったマンションからのオーシャンビューも台無しだった。

でも帰る時が来た…また何かの機会に晴れの神戸を拝もうじゃないか!!

最終日は何と7:20のバスに乗るため、相当な早起きから始まり、
朝食は自分で用意していたものをササッと口にしてチェックアウト。
クレジットだと、「ありがとうございました」で終わるという小ざっぱりさ。

バスターミナルに向かい、またトランクに荷物を乗せてバスへ。
何で3列シートの真ん中、しかも1番前なんだよ…と落胆しつつも
途中で水を飲みながらグミを食べる余裕も見せる。

ターミナルで晴れだったのが次第にどんよりとし、
兵庫を抜けて岡山に入る頃には大雨…。

吉備SAでの小休憩を殆どの人が拒み、定刻より7分早く
運転再開とした運転手の機転の良さが光ったな。

しかし雨も広島に入る頃には止んで、工事だ渋滞だ…の影響もなく、
15分早く広島着…雨の心配はなく、そのままテクテク歩いて帰宅。

ふぅ、旅が終わった。

1b4e5884.jpg

↑ ホテル近くのファミリーマートで買ったパン。
その名の通り、この近辺限定だったんだろうね。
「淡路島牛乳」って有名なのかしら!?

(ちなみにこちらでは大山牧場の「白バラ牛乳」を使った
商品がございますだよ)

本当はバス車内で…と思ったんだけど、席の悪さと
カロリーの高さで断念、帰宅後の昼食となりました。

次の日からは仕事…でも良い骨抜きにはなったなぁ。(おしまい)

旅の話はまだまだ続くよ、今日はようやく2日目のお話。

今回泊まったホテルは築年数が古いのもあって、
鍵が開きにくかったり、
妙に傷が多かったりした。
それでも、金額を思えば上出来だったな。

この日は久々に7時間睡眠…結構長く寝て逆に少々青ざめたが。
ただ、7時からの朝食バイキングにはちょうど良かったかも。

7decefec.jpg


↑ 普段めったに食べない煮物や豆腐、海藻サラダ、シリアルにフルーツ。
実はこの後、パンも食しているから、結構食べたんじゃないかな。

外国からの利用客もあるからか、和洋中ド~ンといってみようって感じの
メニュー構成で、選んでいて楽しかったし、ビックリもした。

最近こういう「まとまった朝食」って摂ってなかった(今も摂ってない)から
新鮮さもあったなぁ…同時に反省も。

今回の宿泊プランは1泊目は朝食バイキング付、2泊目は無しっていう
別々のものだったんだけど、これは正解でしょ。
早出をしなくても良いなら2泊目もそうしたかったところ。

さて十分に食べた後は、いよいよメインイベントの資格講習へ。
三宮から須磨に移動したんだけど、まぁJRの電車の効率の良いこと!!

広島みたいに、快速電車なのに「電車スレ違いの為」で4分停車とか
そういうアホな事態はまずなさそうね…あるなんて思いもしないよ、フツーは。

5分おきには来るし、進行中も含め「無駄な動き」が一切ない!!
知人から「新快速は乗っちゃダメだよ」と聞いていたので、
そこだけ気をつければ、あとはラクラク移動だったなぁ。

途中、長田駅に停車した際、前日に見た光景がフラッシュバック。

355cf64d.jpg


↑ フラワーロードにある、阪神大震災に寄せての石碑。
阪神大震災当時、高1だったんだけど、ガキなりにショックを覚えて
無力さを思い知らされた感もあった。

0e6187f1.jpg


↑ 今では花と緑があふれ、凄惨な記憶からは遠ざかっている。
ただし遠ざかるのは結構だが、それが「風化」であったら問題だろう。

そんな想いを長田駅にて再び…確か長田区が最も被害が大きかった筈。
車内から見る限り、こちらも凄惨さはすっかり消えていた。

そう考えると東日本大震災の爪痕は消えたかい? 
爪痕じゃなく失態をもみ消そうとしているんじゃない?
…政策の無能さを痛感した瞬間でもあった。

程なくして目的地の須磨へ…一応メールで伺ってはいたが、

fe56b498.jpg

↑ 街ナカのエスカレーターにはビックリしたわ。
余りの急勾配で、これはないと困るな…って場所だった。
ちなみに「上り」だけあって、センサーで動きを制御していたね。

で、しばらく歩いて目的地のマンションへ。
個人宅なので写真は自粛したんだけど、何しに行ったか…と言うと

2013.8.15-4

↑ 振り子(ペンジュラム)を使ったカラーセラピーの指導資格を取りに。
「胡散臭いな」とか「コックリさん」とか言われそうだが、そういうモンじゃないぞ。

ほら、昔は水脈や鉱脈を探ったり、近年では遺留品や行方不明者の捜索に
使われたり…7月には人気ドラマ『ガリレオ』でも出てたでしょ? あれッス。

そのカラーセラピーを作った先生が正に須磨に居らっしゃる訳で、
開発者だからこそのエピソードなども含め、実に内容の濃い1日でした。

38f16006.jpg

↑ 前日に三宮の地下街(さんちか)で買った個人土産の腕時計。
タイガーアイって言う石を使っていて、妙に惹かれるものがあった。
先生も「あらぁ、これイイわねぇ」と絶賛。

上のペンジュラムの水晶しかり、タイガーアイしかり、
「(天然)石」への興味が大きくなっているな…。

しかも『つくってあそぼ』や『ノージーのひらめき工房』と言った
工作番組が好きな人間としてはそれらで何かを作りたいって気も。

…自分、何屋さんになりたいんだろう。
講師業もしながら職人(作家)生活って、ある意味贅沢だぞ。

まぁともあれ無事に講習も終わり、再びJRに乗ってホテルへ。
帰りは何と「女性専用車両」に乗った…実は広島には無いんだよな。

で、ホテルに戻って復習と荷物整理をして程々に就寝。
いよいよ神戸を出発する日が…というところで、また次回。


1日空いてしまったが、引き続き、神戸に初上陸した日の話をば。

神戸(三宮)のバスターミナルに12時ちょっと過ぎに到着。
ホテルのチェックイン時間まで、周辺地域をぶらりとな。

d68f6ca8.jpg

↑ まず神戸市役所へ。花時計があると聞いていたので。
太陽光発電で動いているこの時計は、さすが手入れが十分。

2119a170.jpg

↑ 曇りだったこの日もしっかり発電。



08c16f72.jpg

↑ すぐ近くには「日本マラソン発祥の地」のモニュメント!!
これはビックリしたなぁ。

実はこれらは同じ道沿いにあって、更に南へ向かうと
阪神大震災のモニュメントが…。

一瞬にして破壊された街が復興を遂げ、
その傷跡すら見えないほどに変化した様子を
さまざまな想いを巡らせながら歩いて行く。

このエリアから西に向かうと旧居留地。
どこかレトロかつセンスの高い雰囲気が何とも言えない感じ。

そこからさらに西へ向かうと元町。
元町と言えば「中華街」!! 

観光客が歩けば呼び込みに当たるのは当然のこと。
とにかくお客様を増やそうと必死・・・ものすごく「生」を感じたな。

その場で立ち食いって商品が結構多く、その中で選んだのが



3d6f7328.jpg

↑ ブラック肉まんmini・・・イカスミ入の皮で包んだ肉まん。
小振りなので「あれこれ食べ歩きしたいわぁ」って方にもオススメ。

でもこれだけで足りる訳がなく、色んな物をちょっとずつ食べたいと
思う私は中華街をとにかくウロウロ・・・すると
「タイムサービスでランチ650円」と呼び止められ、そこに入る事に。



d7094c69.jpg

↑ メインはフカヒレ麺。



11121471.jpg

↑ 小籠包や海老餃子などが入った点心。

すこぶる美味しいって訳でもないんだけど、色々と口にしてみたかった
私としては大満足な内容・・・どちらも良心的な店でよかよか。

その後、お土産なども買って手荷物がエラい事になりつつ
再び三宮駅周辺へ・・・外も暑いから地下街で涼みつつぶらぶらと。

そこでは自分用の土産をGET!! これについては次回触れるとして。

で、そこから近くの三宮そごうに渡り、ロフトへと。
「リラックマがやって来る」って事で、親子連れが多かったなぁ。

あと、16時になったら館内に『六甲おろし』がかかって
阪神応援タイムセールが始まったのにはビックリした!!

広島にもそごうはあるし、ロフトも入っているんだけど、
カープに対する温情企画はないなぁ・・・まぁ、そんなもんか。

そうこうしていたら、ようやく(?)チェックインの時間に近づいた。
三宮駅から北へ10分、大きな歩道橋を渡って加納町へ。
ここが今回のお宿でございます・・・よぉ歩いたわい。

で、PCをはじめ、荷物の無事を確認して、くつろぎモードへ。
いよいよ次の日からは、資格講習へと。

ではでは続きはまた次回(今度は1日空かないようにしよう・・・)。




気がつけば結構な日にちが過ぎてしまったが、先月末に
資格講習のため、神戸に初上陸!! 

しかもそれが人生初の一人旅!!

やー、割と行き当たりばったりでハプニングもそれなりにあったけど
結構楽しかったな…と、言う訳で何回かに渡って旅の模様をご紹介。
既に登場した写真の詳しい経緯も合わせてご案内。

旅が決まったのは6月中旬。

下位資格を広島県内で取ることになり、その流れから半ば突発的に
申し込んだ…この資格を取るのに1番近いのが神戸だ。
しかも資格の創設者から直々に学べるのも魅力だったなぁ。

下位資格取得予定日のちょうど1週間後に神戸での講座が決定。
幸か不幸か月曜日に開催で、日帰りだと結構キツい日程になるため
前後1日ずつを足して2泊3日にさせて頂いた。

それから程なくして「楽天お買い物マラソン」に乗っかる形で
ホテルの予約をし、広島-神戸間の高速バスの乗車券も確保。

楽しみにしている一方で不安要素が1つ…それは「雨」の予報。
結構早い段階から雨予報が出ていて、移動に支障をきたす心配も。

308af4e2.jpg

↑ で、本当に急遽買ったのが、このキャリーバッグ。
出発前々日の夜に頼んで次の日に間に合った。
いつも使っている布張りのだと心配が付きないからね。

で、当日…予報通り雨、それも大雨だった。

長い傘を片手にキャリーバッグを引くのは結構自由が効かない。
高速バスのバスセンターに着くまでが何と長く感じたことか。

ようやくバスに乗り込み、キャリーバッグはトランクへ。
ノートPCも積んでいたので、大きな揺れが無い事を願いつつ出発。

…まだまだ雨が酷い。
東に向かうほどに雨は収まったものの、晴れることはなかったな。

途中、岡山の吉備SAで小休憩。

14bd3edc.jpg

↑ ほぼパッケージ買い。



9d417e14.jpg

↑ 中身はこんなクッキー…こう見えてチョコじゃないのが嬉しい。
帰宅後に相次いでご来客があったので、その際のお茶請けに。

で、休憩を挟みつつ、バスに揺られること4時間。
無事に神戸(三宮)に到着。

天気は曇り、ここからホテルのチェックイン時間まで
近辺をぶらついてみることに。

では続きは次回にね。


GW前半戦終了、今日は生憎の雨で、学生さんは確実に学校へ。
自分も含めお勤めの方も今日は多いかもしれないなぁ。

で、27日(土)~の3日間、こちらは中々出来なかった買い物に出たり
整理整頓などして過ごしたり。

そんな中、28(日)は地元に戻り、その足で2年ぶりの躑躅鑑賞会へと。

躑躅…そう、「ツツジ」。

c4307d7d.jpg


向かった先は呉市警固屋(けごや)町と音戸(おんど)町にかかる、音戸大橋。
全体で8千本以上ものツツジがあり、毎年GW時期には多くの観光客で賑わう。

6dc48d84.jpg


↑ 昨年は大河ドラマ『平清盛』があった事で、そして今年は
この「第二音戸大橋」が完成したことで、観光客は多いかも。
ただ、この橋によって、楽しみ方は様々になったよなぁ。

54c22964.jpg


今回は音戸大橋そばにある「音戸の瀬戸公園」へと。
旧来の橋はその両端が3段のループで、真っ赤な橋と共に極めて特徴的。

それに沿うように、また公園周辺も歩道や法面などに
白やピンクのツツジが咲き誇るのです。

081374e5.jpg


↑ ツツジという花も不思議なもので、1つの木に1色の花という
訳ではない…これも白ベースなのに、完全にピンクの花や
白とピンクのミックスもあったりするんだよねぇ。

55a901a6.jpg


↑ 行き交う車も自ずと多くなる。

7a967cb9.jpg


↑ 一方の第二音戸大橋(愛称: 日招きの橋)は、旧来の橋周辺の
交通渋滞緩和などを目的に作られたアーチ橋で、見た目はシンプル。

しかしこの橋の凄い所は何と歩いて渡れること(しかも無料)!!
高所恐怖症で無い方には、それはそれは普段感じることのできない
爽快感を味わえるのではないでしょうか。

サイクリングされている方も見えましたよ。

55cc4074.jpg


私はビビリなので歩いて橋を渡ろうって気が起きません。
でも折角なので車以外のもので渡るのも楽しいかな。
そんな方には、こちらがオススメ。

89c6e6b9.jpg


↑ 船で島に渡っちゃいましょう。

5bdd9365.jpg


↑ 警固屋側の乗り場…あぁレトロね。

35476972.jpg


↑ 船に乗りたい方は桟橋まで出ましょう。
「お客さんがいたら出発」というスタンスで、時間帯によっては
船がひっきりなしに往来することも。

b7065ed6.jpg


↑ こんな感じの船(写真は音戸側から出発した際に撮ったもの)。
基本は大人70円、子ども40円ですが、自転車やバイクも乗る事ができ、
また、ガイドマップがついた乗船(渡航)証明書も船内で発行できる。

a90c9d4b.jpg


↑ 音戸に到着し、歩くこと2・3分、そこには清盛塚が。

f33bee33.jpg


↑ こういう言われがあるのね…左側が光っちゃいましたが。

そこから少し歩いて、音戸の事が分かる施設「うずしお」へ。

ad52439b.jpg


↑ その2階には、音戸の歴史を綴った展示があり、デッキに出ると
清盛公がお出迎え…音戸大橋と先ほどの清盛塚をバックに1枚。

建物には他にも大河ドラマ出演者のコメント入りサイン色紙
(※ これについては撮影禁止となっています)や、音戸を中心とした
名産品の販売、観光ガイドの受付などもございます。

お値段は少し高めですが食事を頂くこともできますよ。

38bef718.jpg


↑ 音戸から見た第二音戸大橋。

警固屋や音戸は鉄鋼・造船などが盛んで、橋より奥には工場や重機なども。
また、海上自衛隊がある事から艦船も停まっていたりします。

d22d625e.jpg

↑ 平清盛の他、音戸の瀬戸公園には吉川英治文学碑など
歴史に触れる事もでき、色々な楽しみ方ができます。

7db4eb68.jpg


GW後半はフラワーフェスティバルや、ひろしま菓子博があって
広島市周辺は大混雑が予想されますなぁ。

勿論それらも楽しい催しかと思いますが、今回のように
少しはずれて、のんびりと愉しむのは如何でしょうか?

↑このページのトップヘ