このブログは元々、2011年11月から2013年11月まで、
アメブロにてこっそり更新されていた、3rdブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな』 ← 今ここ。
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

一部、加筆修正などございますが、「あぁこんな感じね」と
それとなくご覧いただければ何よりです。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。
また、紹介したCDの発売日が記事より後のものもございます。

カテゴリ:日々雑感 > 私、滅入ってます...。

今年は何気に「家電の故障」の当たり年だ。

31624758.png


一昨日(12日)のこと、ノートPCと共に新調したLEDマウスが
半年足らずで夭逝されました…ランプが常時付かないといけないのに
電源をONにした一瞬しか付かない状況に。

買った金額が金額だったりするので修理は考えない方向。
ちょいと不便を被っているところです。

しかし考えてみれば、つい先日のHACCAちゃん(INFOBAR A01)もだし、
夏に相当時間がかかる修理に見舞われたオーブンレンジもだし、
「電源」という根幹がイカれているんだよね。

そこがやられたら何も出来ないじゃないか。

それと電源ではないけど、ポータブルSDプレイヤーの音もおかしい。
左が聞こえづらいんだよな…イヤホンの問題か、はたまた本体か!?
これもある意味で根幹の問題だもんで、どうしたもんやら。

ここで奇跡のiPod投入もあるやもしれぬ。
HACCAちゃんをプレイヤーにする気はないのだ・・・。

いずれにせよ、負の連鎖は避けたい所。
今月はただでさえ確定申告ソフトで大きく飛ぶって言うのに
予期せぬ出費は勘弁してほしいな。

ふぅ、無事にHACCAちゃん(INFOBAR A01)が戻ってきた!!

30c883c0.jpg


電源ボタンが突然効かなくなって、10日近く入院した相方。
「端末そのものの不具合」という事で、保証サービスもあって
無料修理となった訳で…しかし「不具合」って何なんっすか?って話だ。

ボタンだけでなく基盤も交換となったので見事に初期化され、
マイクロSDに保存したデータを移行するのが大変ったらありゃしない。

…が、考えてみたら、送信メール全てを保存できなかったため
持っててもしゃあない受信メールも発生したなぁ。
そこら辺はおいおい削除して、メモリ容量に余裕をもたせようじゃん。

で、ショップで退院手続きをした際に、電池パック無料サービスの
手続きも同時に行った訳で…もうちょっと一緒に居ようなっ!!



↑ これが既に公式アナウンスされているから、そこまでは…ねぇ。

良き相方、HACCAちゃん。

2012.11.20-3


↑ INFOBAR A01シリーズで人気No.3か4に甘んじている
このスマフォにとんでも無い事件が!!

先週水曜(11月28日)のこと、出先からバスで戻る最中、
いつものようにピグライフだ、Twitterだ…ってやっていたら突然

「電源OFF / 再起動 / …」

って画面に現れた…それ、使用中に電源ボタンを押した時の
アナウンスだけどな…まぁそれはbackボタンで回避したんだけど、
それがその後2回あったんだよなぁ。

で、ある程度の時間になると「スリープモード」が働くんだけど、
解除しようと電源ボタンを押しても、うんともすんとも言わない!!

ど、どゆこと!? 

で、仕方なく電池パックを抜いて電源入れ直して、やりたい作業をして
またスリープモードが働いたら…電源ボタンさんっ!? 働けよー ><

こいつは参った…電源ボタンって根幹じゃないの。
電池パックか充電器の抜き差しで一旦は作業できるとは言え
それ「携帯」の要素、全然ないじゃん!!って話だよ、ホント。

夜21時頃に起きた現象…心底疲れた。

で、翌日(29日)、この日は18時過ぎに戻れそうだったので
入院の方向へ…買い替えはね、来年春に予定されている
「A02」の発売開始まで避けて通りたいもんだ。

ショップでも色々状況を見ることしばし…はい、入院決定。
これにはショップの方もビックリされていまして、更に調べると
オールリセットさえも出来ないという滅多にない症状だったそうな。

ちなみにこれらの症状はあくまで機械側の問題で、
ダウンロードしたアプリによるものでは無いことも確認済み。

f675df61.jpg


↑ 入院中は同型種で人気No.5と落ち目な扱いのKUROちゃんを
借りることに…KUROちゃんですっ、ありがとうございます、
わわわ~っ (出典: 安田大サーカス)

まぁKUROちゃんも例に漏れず、あのカバーをしていますけどね。

1・2週間は様子を見て…と言われていますが、どうか
元気になって戻ってきてよ、HACCAちゃん!!

ニキビ治療も1ヶ月来たなぁ。

スパッと綺麗に…と言うには険しい道が続くけど、
極端に悪化する事もないし、通院も次回は1ヶ月位空いてもイイって
話にもなったし…5週間後にはベストに持って行きたいんだよねぇ。

しかしあれだ、

2012.10.13-1


↑ 5週間後に何があるって、この方に会いに行く訳なんですよね。

当時19歳の写真でTwitterでも大騒ぎになったんですけど、
イケメンさんという事もだし、女子が羨むほどの美肌じゃないっすか、と。
(あ、ちゃっかりファボって写真を転載しやした)

それから10年以上経ち、

346b0533.jpg


はい、同じ人ですだよ…でも、PVとか観ると分かるんだけど
やっぱりイケメンさんだし美肌の持ち主なんっすよね。

肌が綺麗な男性を見ると、我が身が何ともまぁ…って気になるねぇ。

旅人きゅん(←本人が気に入っている呼び方ってことで今回も引用)は
これからお目にかかるんだけど、過去に観て「はぁ~っ♡」って
ため息が出るほど肌の持ち主だったのが



↑ 栗コーダーカルテットの近藤研二さんだなぁ。
このPVでは1番前でギターを弾いているお方…顔立ちもイイよねぇ。
(あ、この曲を書いたのも、撮影に使ったデジカメの持ち主もそう)

一昨年ライヴで観た時、近藤さんは確か43歳位だったと思う…ひと回り位
年上(しかも男性)の方で!!見とれる肌の持ち主って、そう居ない気がするなぁ。

ちなみに近藤さんの場合、カゴメの「まろやかキャロット」を愛飲しているらしく
それで肌がトゥルトゥルになっているって持論を展開していて、
私もちと試してみた…確かに効果はある気がする…が、店にあまりないんだ。

うん、綺麗な肌は簡単に手に入らないって事だ。
でもって、それをキープするのも容易くないって考えて良さそうだ。

何かしら頑張んないとな。

ここ最近、「ニキビ」「皮膚科」「痒い」が検索TOPのようですな。
そうか…やっぱり症状がある人にとっては知りたい事でもあるよな。

ニキビ治療で皮膚科に通いだして間もなく1ヶ月。
流石に完治はないけど、まぁまぁ目立ちにくくなったか。
仮に大きなニキビ作っても長引かない感じにはなっている。

あと、通院初期のような、顔を掻きまくる事もなくなってきたな。

2db6a388.jpg


↑ これは流石にアカンわ…皮膚科を決意させた顔。

で、ニキビ治療を本気で考えている人向けに情報提供しますと、
現在は抗生物質を含む薬類(軟膏・錠剤 各×2)で治療中。

軟膏のうち、ハイデルマートという痒み止めは痒みが出た時だけ使用。
ここ最近はあまり使っていないなぁ。

もう1つのアクアチムはニキビ専用なので、ポツポツ出来たニキビに
朝晩塗っている状況…これも初期を思うと塗る量が減りつつあるかな。

錠剤(飲み薬)は、最初期はジオールのみだった。
痒みが強いことから余り強い薬を使えないという事で1種類だったけど、
その後の診察で膿を持つニキビが出てきたため、抗生物質の
ミノマイシンが追加されました…これが加わってから治りが早まった気も。

ただ、どの薬もいわゆる「新しい治療法(外用レチノイド)」という訳ではなく、
私には大きな副作用もない緩やかな治療法なのかもしれないなぁ。
外用レチノイドは副作用が強くて挫折する例も多いって話もあるようで。

今日は久々の通院、あとどれ位かかるかなぁ…。

でも、ニキビを治したいって思うんだったら皮膚科に行くのが確実だわ。
私も万年ニキビホルダーだから、以前は市販薬やニキビ用化粧品など
試してみたけど、良くなるどころか、かえって悪くなったこともあったよ。

それに、ニキビの原因って一概に言えないところもあるから、
適切な判断・アドヴァイスを期待できる皮膚科専門医さんにかかると
安心感もいっそう強まるだろうね。

95d1999b.jpg


↑ たった今撮った写真…やや赤いけど、ブツブツは然程気にならないでしょ。
(実は昨日の夕方から顔ではなく、掌や足の裏、背中などが痒くて…)

あ、それと洗顔料も効果ありって感じがする。

43b15505.jpg


↑ やるなぁ、「ロゼット 洗顔パスタ(荒性用)」。
イオウの力は信じたいな…実際、薬にもイオウを使ってたりするし。

使ってみて思ったのが意外と長持ちして経済的な商品だって事ね。
今度、体を洗うのにも使ってみようかしら!?

どうか小さい頃以来のトゥルトゥル・スベスベの肌に戻りますように。
あと50日ほどで…。


<追記: 2014.7.1>
現在「ジオール」は製造・販売ともに終了しています。 
その代わり、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)なる漢方薬が
処方され、これで何とか治れば...と言ったところ。 

↑このページのトップヘ